レンタルサーバーを利用する|レンタルサーバーの必要性やパソコンとサーバーの違いを比較する方法

レンタルサーバを選ぶ場合は容量や機能を比較する

レンタルサーバーを利用する

握手

サーバーを利用する

サーバーを利用する場合、初期設定はもちろん、これからどのように運用するか計画を立てておく必要があります。管理体制を整え、しっかりと準備してからサーバーを利用しましょう。

自社サーバー

サーバーは、自社設備で運営することができます。この場合、サーバーの設定やセキュリティ対策は必須です。また、なにかトラブルが起こった場合は自社で解決しなくてはなりません。サーバーの知識が豊富な方に向いているサーバーです。

レンタルサーバー

サーバーは、レンタルサーバー会社から借りることもできます。本体からネットワークまで、全てのものをレンタルサーバー会社から借りることになります。こちらはレンタル会社が全て対応を行ってくれるため、サーバーに関する知識が少ない方でも手軽に利用することが可能です。

レンタルサーバーに関するQ&A

レンタルサーバーにはどんな種類があるの?

レンタルサーバーには、3つのタイプがあります。「専用サーバー」「共有サーバー」「VPSサーバー」です。初心者におすすめなのは複数で使用する価格の安い共有サーバーです。しかし、共有ですので、他のユーザーからの影響を受けやすいです。そういったトラブルを防ぐには、他のユーザーからの影響を受けない専用サーバーやVPSサーバーを選ぶと良いでしょう。

低価格のサーバーでも問題ないですか?

共有サーバーが低価格で利用することができますが、低価格のレンタルサーバーを借りる場合は、容量や機能を比較して選ぶようにしましょう。低価格のレンタルサーバーでもスペックがしっかりしているサーバーはたくさんあります。

どのようなサーバー会社を選べばいいのでしょうか?

サーバーに障害が発生してしまうと、それを利用しているユーザーは復旧するまでサーバーを使えなくなってしまいます。ですので、サーバーの障害が少ない会社を選ぶと良いでしょう。しかし、障害の情報を公開していない会社などは信頼度が低いため、気をつけるようにしましょう。

何かあった場合は自分で対応しなくてはいけないのでしょうか?

もしサーバーのトラブルが合った場合は、レンタルサーバー会社がサポートしてくれます。そのため、サポート体制が整っている会社を選ぶようにしましょう。24時間、電話やメール対応を行っている会社がおすすめです。

広告募集中