レンタルサーバーの選び方|レンタルサーバーの必要性やパソコンとサーバーの違いを比較する方法

レンタルサーバー会社の比較方法をご紹介します

レンタルサーバーを選ぶ

レンタルサーバーは、安いだけでは良いサーバーを選ぶことができません。しっかりとそのサーバーの知識を見つけることで、良いサーバーを提供してくれるレンタル会社を比較することができます。

レンタルサーバーの選び方

女性

専用サーバーと共有サーバー

レンタルサーバーには、専用サーバーと共有サーバーがあります。共有サーバーは、複数のサーバーが使用するため同時接続数が限られてしまいます。専用サーバーは、ひとりひとりがサーバーを自分専用として使用することができるため、同時接続数に余裕があります。

自動バックアップサービスとは

レンタルサーバーには、自動バックアップサービスの付いているサーバーがあります。この自動バックアップサービスは、間違えてデータを消してしまったり、サイト作成の際にソースを消してしまったりした場合に役に立ちます。なぜなら、自動バックアップされていることによって、そのもとのデータを復旧させることが可能だからです。

サーバー会社を選ぶ場合

サーバー会社からサーバーをレンタルする場合は、サポート体制がしっかりした会社を選ぶと良いでしょう。24時間体制でメールや電話サポートなどを行っている会社もあるので、そういったサポート体制のしっかりした会社を選ぶと安心ですね。

レンタルサーバーを選ぶポイント

503エラーの出にくいサーバー

レンタルサーバーを選ぶ際は、503エラーの出にくいサーバーを選ぶことが重要なポイントです。503エラーとは、サーバーへの同時アクセス数が増え、上限を超えてしまった場合に出るもので、Webサイトの閲覧ができなくなってしまいます。レンタルサーバーを使用する場合は、あまり安いものだと1つのサーバーにユーザーをたくさん保管している場合もあるので、共用サーバーではなく専用サーバーを選ぶことをおすすめします。

ネットワーク回線が強いサーバー

ネットワーク回線が弱いと多くのアクセスがあった場合に回線がパンクしてしまう可能性があります。このネットワーク回線の弱いサーバーを使っているサイトを、人気のある有名人などが紹介した場合、一気にファンからたくさんのアクセスが来て、サーバーがそのアクセス数に耐えられずにパンクしてしまうのです。ですので、ネットワーク回線が強いサーバーを選ぶことも大切なのです。

スペックを知る

サーバーのスペックは、メモリ数やCPUのクロック数の速さなどのことをいいます。このスペックが安定しているものを選ぶにも、専用サーバーがおすすめです。共有サーバーを使用する場合は、このスペックも共用することになるので安定したスペックを利用することができないからです。専用サーバーを選ぶ際は、各サーバーレンタル会社のスペックを比較しながら選ぶようにするとよいでしょう。

広告募集中